家づくりや住宅購入の悩みをFPに相談できる!相談できる内容をご紹介

公開日:2022/10/01

悩み

家づくりや住宅購入についてお悩みなら、お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのがおすすめです。とはいえ、デリケートなお金の話に「FPに何をどこまで聞けるのか」と疑問や不安を感じる方もいるでしょう。そこで今回は、FPに相談できる内容からメリット、注意点までを詳しく解説します。

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談できる内容

FPとは、節約から税金、保険、住宅ローン、不動産、投資、教育資金、老後のお金、相続まで幅広い知識をもつお金の専門家です。その知識を活かして、家づくりや住宅購入の悩み相談にも応じています。ここでは、FPに相談できる内容について解説しましょう。

住宅ローンの選び方

住宅ローンには、銀行や保険会社など金融機関が貸し出す民間融資、自治体などが貸し出す公的融資、住宅金融支援機構が金融機関をとおして貸し出す財形融資などの種類があります。FPに相談すれば、さまざまな住宅ローンの中から、より好条件な商品を教えてもらえるのです。

金利の選び方

住宅ローンの金利は、借入時の金利が完済まで続く固定金利、金融情勢によって金利が変わる変動金利、一定期間金利が固定される固定期間選択型の3タイプがあります。

住宅ローンの返済額は金利が1%異なるだけで数百万円近く変わるため、住宅ローンの金利は慎重に選ばなければいけません。FPはそれぞれの金利タイプのメリット・デメリットだけでなく、総返済額の違いや金利の変動の見分け方なども説明してくれます。

借入可能額

FPは「どのくらい借りられるのか」についても試算してくれます。借入額は各金融機関の審査基準によって異なりますが、あらかじめ借入可能額の目安を知っておけば物件選びもスムーズにできるでしょう。

返済計画

住宅ローンを組んだ後の返済計画についてもFPに相談可能です。生活スタイルや人生設計に合わせて、無理なく返済できる方法をアドバイスしてくれます。

FPに家づくりや住宅購入の相談をするメリット

家づくりや住宅購入に関するお金の不安や悩みは、お金の専門家であるFPに相談するのがおすすめです。そこで、FPに相談するメリットを解説します。

基本的な知識が身につく

FPに相談するメリットのひとつは、住宅ローンの仕組みや種類、住宅購入に必要な資金の目安、住宅購入後の税金、節税方法など基本的な知識が身につくことです。情報不足が原因の不安や悩みも、FPに相談することで解消できます。

自分に合った住宅ローンがわかる

顧客の資産状況やライフプランにあった住宅ローンを提案してもらえることも、FPに相談するメリットです。さまざまな住宅ローンを比較検討し、中立的な立場で商品を紹介してくれます。

ライフプランや必要な備えがわかる

FPに相談すると、住宅ローンの返済シミュレーションを提示してくれます。子どもの教育資金や税金など、収入に対してどのくらいの支出がこの先あるかを試算することで、いつまでにどのくらいのお金が必要かを確認できるのです。また、FPはお金に関する幅広い知識を活かして、家計管理や資産形成についても相談にのってくれます。

FPに家づくりや住宅購入の相談をするときの注意点

家づくりや住宅購入で失敗しないためには、FPに相談するときの注意点も知っておきましょう。ここでは、FPに相談するときの注意点を解説します。

住宅ローンの契約依頼はできない

FPに相談しても、住宅ローンの契約はできないので注意しましょう。あくまでFPはコンサルタントとしての役割しかもちません。そのため、実際に住宅ローンを組むことはできないのです。住宅ローンを申し込む場合は、金融機関で自ら手続きを行う必要があります。

相談料がかかる

FPへの相談は基本的に有料です。相談料の相場は1時間あたり5千円~2万円ですが、料金形態は1回ごとの単発プランや月額の定額制などがあります。FPに相談する際は、事前に料金やサービスの内容を調べておきましょう。

専門性の低いFPもいる

FPにもそれぞれ得意分野・苦手分野があるので、なかには家づくりや住宅購入に対して強くないFPもいます。家づくりや住宅購入に強いFPを探すには、FPの得意分野と相談実績を確認することが大切です。

専門性の高いFPを求めるなら、住宅ローンに詳しい住宅ローンアドバイザーの資格をもつFPや、家づくりに関して相談経験が豊富な不動産会社所属のFPに相談してみましょう。

FPに家づくりや住宅購入の相談は無料でできる?

金融機関や不動産会社、住宅メーカーなど企業に所属するFPになら無料で相談できます。銀行の相談窓口や不動産会社の相談会などに行けば、無料で相談にのってもらえるでしょう。企業に所属するFPの無料相談は、その企業の自社商品が知りたい場合に詳しい話を聞けるというメリットがありますが、どうしても自社商品を中心に紹介しているので偏った情報になる場合もあるので注意しましょう。

さらに、特定の企業に所属せずに個人で相談を受けているFPが無料相談を行っているケースもあります。しかし、その多くは無料なのは初回相談のみで、次回以降は有料となります。中には相談料をもらわない代わりに、提携する企業の商品を提案することで紹介料を得ている場合もあるので注意が必要です。

しかし、無料相談に行けばFPの得意分野や話しやすさ、相性なども確かめられます。信頼できるFPを探すためにも、まずは無料相談を利用してみましょう。

まとめ

大きな資金が必要となる家づくりや住宅購入の悩みは、お金の専門家であるFPに相談するのがおすすめです。気になる住宅ローンについてもFPに相談すれば、家庭の経済状況やライフプランに寄りそった最適な商品を提案してくれます。ただし、サービスの質はFPによってさまざまです。家づくりや住宅購入について相談をするなら、相談実績があるFPに依頼しましょう。

 

 

 

【札幌市】おすすめの住まいの相談窓口5選

イメージ
会社名ハウスリンク(おうちづくりの相談窓口)おうちの相談窓口LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)住まいの窓口スーモカウンターアウカ
特徴プロのアドバイザーが家づくりの状況や要望など、細かな相談にのってくれる中立公正な立場で適正なプランを考え、夢のマイホーム実現を手伝ってくれるハウジングアドバイザーが何度でも無料で家づくりの相談にのってくれる。経験豊富なアドバイザーが建築会社の紹介から契約までサポートしてくれる。来店せずともスマホで簡単に家づくりの相談ができる住まいの相談窓口
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索