あんしん住まいサッポロの口コミや評判

公開日:2022/09/01

あんしん住まいサッポロの画像

あんしん住まいサッポロ
住所:〒006-0051 札幌市中央区南1条東2丁目11-1 ノーザンヒルズ大通9F
TEL:011-231-6822

あんしん住まいサッポロは、一般社団法人あんしん住まいサッポロが運営する高齢者住まいの相談・情報センターです。中立公平を基本方針として、市民ボランティアが希望に合った住まい探しの力になってくれます。本記事では、市民による市民のためのシニア住まい相談処・あんしん住まいサッポロの特徴について紹介します。

ご高齢者の住まいに関する相談・情報センター

年を重ねるごとに介護などの心配は大きくなっていき、現在の住まいでは暮らしにくくなることもあるでしょう。あんしん住まいサッポロでは、札幌市における民間の高齢者向け住宅についての情報提供を行うことで、不安を抱えた高齢者の皆様の支援を行っています。

住み替えに限らず、現在の住まいのリフォームなどの相談にも対応しています。高齢者の住まいに関する相談に応じるとともに、情報を提供してくれるのがあんしん住まいサッポロです。

あんしん住まいサッポロは2009年にスタートして以来、10年以上に渡って高齢者の住まいに関する相談や情報提供を続けてきた実績があります。法人賛助会員は30社を越え、地域に根ざした活動を展開しています。

老後の住み替えやリフォーム、居住支援など幅広く対応

あんしん住まいサッポロの事業内容は、高齢期の住まいに関するアドバイスや支援です。自宅のリフォームや介護のための対策、住み替えの相談・アドバイスのほか、高齢者向け住宅の情報提供や住宅情報誌の販売も行っています。また、市民向けにセミナーを開催しており、出前講座として講師の派遣も行っています。それぞれの内容について以下で説明します。

高齢者向け住宅の情報提供・住み替え相談

民間企業が運営する高齢者向け住宅にはさまざまな種類があり、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、シニア向け賃貸住宅、シニア向け分譲マンションなどがあります。先に挙げたものほど要介護度が高い方に対応していますが、基本的には元気なときから入居することも可能です。

あんしん住まいサッポロでは、相談員が話を聞いたうえで一緒に考え、それぞれの生活にあった住まい探しの支援をしています。なお、相談は無料で行っています。

老後に向けてのリフォーム等の相談

今の住まいを終の棲家として暮らし続けたいと思っていても、時間とともに家は老朽化が進みます。あんしん住まいサッポロでは現在の住まいに関する相談にも応じており、リフォームが必要か、どのようにしたらよいかといった提案もしています。

居住支援相談窓口

あんしん住まいサッポロは、2020年4月から札幌市居住支援協議会の相談業務を受託しており「みな住まいる札幌」という相談窓口も設けています。あんしん住まいサッポロは高齢者に向けたサービスとなっていますが、みな住まいる札幌では高齢者に限らず住宅情報等の紹介を行っており、そのほかにも生活支援サービスの紹介や福祉相談窓口の紹介も行っています。

講師を派遣しての出前講座

あんしん住まいサッポロでは、高齢者向け住宅の種類・選び方やリフォームのポイントなどをテーマにした出前講座を行っています。町内会や各種民間団体での研修会などでも、要望があれば講師を派遣しているようです。

シニア住まい情報さっぽろの発行・販売

2021年2月より「シニア住まい情報さっぽろ」という情報誌の発行・販売を開始しています。シニア住まい情報さっぽろは、札幌市居住支援協議会から企画および製作を受託したもので、希望者に対して販売しています。

札幌市内や札幌市近郊の有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅およびシニア向け賃貸住宅の情報が掲載されており、掲載件数は531件程度です。東地区版と西地区版の2分冊で販売しており、販売価格は500円(税込)です。

なお、Webサイトにはシニア住まい情報さっぽろは完売したとの表記もあるため、購入希望者は実際の取り扱い状況について問い合わせてみてください。

サイトでは高齢者向けの住宅を検索も可能

あんしん住まいサッポロのWebサイトでは、高齢者向け住宅の検索も可能です。検索条件としては10項目の設定が可能です。住宅の種別や部屋数、月額費用のほか、ペットとの同居が可能か、食事の提供があるか、体験入居ができるかといった検索条件を設定することで、希望に合う高齢者向け住宅を探せるでしょう。

さらに、上記の10項目に加えて病気対応の可否についても条件として設定できます。糖尿病におけるインスリン投与や腎不全における透析など、病気対応として追加できる検索条件は12項目です。

各種の持病のある方でも、自分が利用できる高齢者向け住宅が検索しやすい作りになっています。札幌市内および札幌市近郊で高齢者向け住宅を探している方にとっては使いやすいシステムといえるでしょう。2022年8月現在での登録住宅数は600件程度です。

まとめ

高齢者住まいの相談・情報センターのあんしん住まいサッポロの特徴について紹介しました。住み替える場合も、住み続ける場合も、札幌市で住まいに関する相談相手が欲しいときは、あんしん住まいサッポロに予約を入れてみてはいかがでしょうか。なお、2022年8月1日から対面相談は中止しており、当面は電話相談のみとなっています。対面相談の再開時期は不明ですので、相談を希望している方は予約時にご確認ください。

【札幌市】おすすめの住まいの相談窓口5選

イメージ
会社名ハウスリンク(おうちづくりの相談窓口)おうちの相談窓口LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)住まいの窓口スーモカウンターアウカ
特徴プロのアドバイザーが家づくりの状況や要望など、細かな相談にのってくれる中立公正な立場で適正なプランを考え、夢のマイホーム実現を手伝ってくれるハウジングアドバイザーが何度でも無料で家づくりの相談にのってくれる。経験豊富なアドバイザーが建築会社の紹介から契約までサポートしてくれる。来店せずともスマホで簡単に家づくりの相談ができる住まいの相談窓口
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索